遺産分割協議書の作成方法

目次

遺産分割協議書の作成方法

『遺産分割協議書』とは、相続人全員の相談のもとに相続人を決めることです。

一人ですべての遺産を相続する必要はなく分割もできます。

分割する場合は結構ややこしいので代表者一人が相続するのがスムーズです。

土地が売却できそうな場合は、売却後に相続人でお金を分ける方法もあります。

その場合も土地の名義変更が必要になるので誰かが代表して名義変更する形になるでしょう。

必要な書類

  • 協議書
  • 印鑑証明証
  • 実印

協議書に記載する内容

  1. 被相続人の氏名と死亡年月日
  2. 被相続人の最後の住所
  3. 被相続人が所有している不動産や預貯金
  4. 相続人全員の住所と氏名と実印
  5. 遺産の分け方
  6. 分割協議が成立した年月日

住所は住民票や印鑑証明に記載されている住所と一致させましょう。

協議書の署名は手書きでなくてもOK

協議書に書く名前や住所は手書き・自署でなくてもOKです。

お年寄りの場合、字を書くのも困難な場合もあります。

実印が押されてあれば有効です。

ですが、自署の方が自分の意思で署名したことが示されるのでトラブルを避ける為にも自署がおすすめです。

債務(借金)がある場合

債務(借金)がある場合は、それも誰が相続するのか決める必要があります。

協議後に新たな遺産が見つかった場合は?

協議後に新たな遺産が見つかるケースがあります。

その場合に、誰が相続するのかも明記しておくと相続がスムーズです。

(例)上記の財産以外に後日財産が見つかった場合は🔳🔳🔳🔳がこれを取得する。

遺産分割協議書のテンプレート

遺産分割協議書のテンプレートはいくつかのサイトでダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルをワードやエクセルなどで編集できます。

私が作成した遺産分割協議書の雛形を作成しましたのでダウンロード配布します。

自由に改変して使ってください。

A3サイズでプリントアウトすれば1枚にまとまります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次